月の光

クリトリス!

クリトリスについて、どこまで知っていますか?

私達が知っているクリトリスは、女性器の小陰唇の別れ際にある「小さな突起物」!
ほとんどの人が、その小さな突起物をイメージすると思います。

しかし、その表に出ている「小さな突起物」はクリトリスの全体像の本の一部なんです!

???どういうこと????

1998年 オーストラリアの女性泌尿器科医であるヘレン・オコネル氏(Helen O’Connell)がMRIを使ってクリトリスを調べ、解剖学的構造を解明し、クリトリスの全体像が明らかにしました!

クリトリスの全体像????

クリトリスは、男性のペニスと同じ組織。

その組織が、男性はXY染色体の影響、男性ホルモンの影響で、ペニスになります。

女性は、その組織が、クリトリスになります。

と言うことは、

男性がオーガズムに達して射精する、男性にとっての快楽を味わう部位がペニスなら、

女性がオーガズムに達するための快楽を味わう部位は、膣内ではなく、クリトリスです。

もともとはペニスと同じ細胞組織だったクリトリスは、表に出てる小さな突起物は一部で、クリトリス本体をまとめると約7cmぐらいの男性のペニスの大きさと同じぐらいになるんです。

えっ????!!!!うそ~っ!!!!!

では、クリトリスを見て行きましょう!これがクリトリスです。(参照:wikipediaを基に文字を追加)

この画像の、濃いピンク色の部分も、その下の左右に分かれてるぷくっとしたクッションのような薄いピンク色の部分も含めて、クリトリスです!!!

尿道口、膣口を挟むように存在・・・・

大陰唇の裏側に存在・・・・・

クリトリスのほとんどが、体の内側に隠れているのです。

しかし、このクリトリスの全体像を、ほとんどの人が知らない!

泌尿器科や生殖器科の先生は知っていると思いますが、その他のお医者さん(内科、外科、脳関係、皮膚科、精神科etc、、、)も、看護師さんも、、、ほとんどの方が知らないです!

私が大学の看護学部で学んだ解剖学でも、このクリトリスの全体像が載っている教科書はありませんでした。

クリトリスについては、ほぼ学びませんでした。

このクリトリス、知れば知るほど、とにかく面白い!とにかく凄い!奥が深すぎる!

今、医学的、解剖学的に分かっているクリトリスのことを、さっそく理解していきましょう!

Are you ready? 準備は良い?!

その1

女性性器の中に存在しているけど、生殖機能がなく、『唯一、快楽のためにだけに存在している』

※女性は処女でも、クリトリスの刺激でオーガズムを体感することが出来ます。
そう!処女でも、マスターベーションによりオーガズムをいくらでも味わうことが出来ます。

その2

クリトリスも男性のペニスと同じように、興奮すると勃起する(大きくなる)

その3

女性がマスターベーションでオーガズムを得るのは、ほとんどがクリトリスへの刺激による

※膣内に自分で指を入れても、正直奥まで入れるのは難しい。又、自分の指を入れて気持ち良い部位である膣前壁(お腹側)を刺激するは難しい。又、以前から何度もお話ししていますが、膣内は性感帯ではなく『産道』ですので、鈍感にです。

男性にはこの情報は知ってもらいたい!!

女性がマスターベーションするのは、ほとんどがクリトリス!

クリトリスを触って、刺激して、オーガズムを得ている!

そう!!!女性をセックスで感じさせる、オーガズムへ導けるのは、クリトリスへの愛撫です!!

クリトリスへの愛撫をおろそかにする男性は、やがて女性からセックスを拒否されることもあるかも・・・・

その4

クリトリスの外に出ている突起部分の神経の数は、約8,000本!! 
これは、男性ペニスの亀頭部分の神経の数:約4,000本の2倍!!


※ペニスの亀頭部分の直径を約3㎝としたら、クリトリスの突起部分の直径は約3㎜~5㎜・・・・・
3㎝に4,000本のペニス亀頭に比べ、3㎜~5㎜に8,000本ってことは、クリトリスの感度は凄いということ!
クリトリスは、男性ペニスの約20倍の感度!と言われています。

ここも男性には知っててもらいたい情報の1つ!!

女性のクリトリスは男性ペニスより神経が密集してて、感度が約20倍ってことは・・・・・

とってもとっても敏感でデリケートってことです。

だから、本当に、ソフト・・・フェザータッチ・・・絹豆腐の角を崩さす触るほどの優しく・ソフトに触らないと、気持ち良さを通り越し、『強すぎる刺激でただ触られている』と感じたり、多くの女性が『痛い』と思ってしまいます。

男性のペニスでのマスターベーションのような激しさ、特に射精(フィニッシュ)に近づくほど激しくなるのとは違うことを男性には頭に入れておいて欲しい!!

その5

Gスポットは医学的には存在が否定されています!
Gスポットは、実は、膣内からの刺激がクリトリスへ伝わる場所、クリトリスを裏から刺激しているってことなんです。


※『Gスポット』のブログに詳しくかいてありますので、こちらも読んで下さい。

その6

膣に指を挿入する時、ペニスを挿入する時に気持ち良いと感じるのは、膣の入り口を挟み込むようにクリトリスの脚が伸びているためです。又、興奮するとクリトリスも勃起していますので、膨張したクリトリスの脚が膣の入り口を締めるようになるため、指やペニスの挿入時に膣が開くときにクリトリスに接触する面積が大きくなるからです。

※だけど、多くの女性が分かるように、膣の入り口付近は気持ち良いのに、奥に入るとあまり気持ちよくなくて、ただ『入っている』としか分からなくなるんですよね・・・・膣の奥は鈍感でほとんの神経が無いから。

その7

尿意を感じる、潮吹き(ほとんどの場合は尿ですが)を伴うオーガズム(中イキ)は、膣内からクリトリスへの刺激によるオーガズムです。

※女性性器の外陰部からも分かるように、外に出てるクリトリスと膣の間に尿道があります。女性性器の内陰部でも、クリトリスと膣の間に尿道・膀胱があります。その為、膣内からクリトリスへの刺激(Gスポットと言われるあたりへの刺激)は、気持ち良いけど、膀胱が刺激されて尿意を起こします。「気持ち良い」と「おしっこしたい」と両方感じで歯がゆい思いをする女性も多いと思います。

その8
クリトリスでのオーガズムは、直接クリトリスに触れるオーガズムの『外イキ』と膣の中からクリトリスへ刺激が伝わりオーガズムを体感する『中イキ』の2つがあります。

そして、女性のオーガズムの凄いのは、『クリトリスでのオーガズム』と『膣奥でのオーガズム』の2つのオーガズムがあることです。

この膣奥でのオーガズムは、とっても複雑なんです。

SNSでは、よく『ポルチオ』と言っている方もいますが、ポルチオ・・う~ん・・違うんですよね・・

そんな簡単では無いんです女性の膣奥のオーガズムは!!!

膣奥のオーガズムについては、また詳細を別のブログでお伝えしますね!待っててね♡

と、ざっとクリトリスについて、書いてみましたが、凄いですよね!!!

私達女性は、もっともっとクリトリスを知ることにより、セックスやマスターベーションを楽しめると思います。

クリトリスの歴史も、また時代と共に紆余曲折したストーリーがあるんです・・・・・

このお話しも、また、別のブログで紹介しますね!!

さあ!マスターベーションして、クリトリスを優しくなぜなぜしてあげて下さいね!!

女性の性セラピスト/カウンセラー 髙森由香