月の光

第1弾 私が女性の性ビジネスを始めたきっかけ

私が『女性の性ビジネス』を始めたきっかけをお話しさせて頂きます!

月の光を利用される方や仕事でお付き合いのある方に、

本当によく聞かれます!

『なぜ、女性の性ビジネスを始めたの??』

ちょっと話が長くなるので、第1弾、第2弾に分けてお話し致します!

【私が女性の性ビジネスを始めたきっかけ】

日本の大学で看護学を学び、

その後、アメリカへ留学。

私が留学したのは、アメリカのバージニア州!

アメリカの東海岸沿いで、ワシントンDCの下側(南側)の州!

アメリカの南北戦争の激戦地であり・・・
アメリカがイギリスと戦ったアメリカ独立戦争の激戦地でもあり・・・
アメリカの最初の13州の1つであり・・・
ポカホンタスの生まれの地でもあり・・・
古い歴史的建造物や町並が多くあり・・・
初代アメリカ大統領(ジョージ・ワシントン)が40年以上暮らした邸宅があり・・・
第3大アメリカ大統領(トーマス・ジェファーソン)の愛した街と邸宅があり・・・
ペンタゴン(アメリカ国防省)があり・・・
歴代大統領が多く眠るアーリントン墓地があり・・・
アメリカで最大(世界で最大)のネイビーベースがあり・・・
バージニア・ビーチ(アメリカの3大ビーチの1つ)があり・・・
ソフトシェル・クラブの産地で有名であり・・・
CIAの本部があり・・・
FBI特別捜査官養成所があり・・・
etc

多くの歴史と歴史的建造物がある州

日本で言うなら、京都府か奈良県かなぁ!

そんなバージニア州は、

多くのアメリカの小・中学生が学校行事で訪れ、
アメリカ人が国内旅行をするのに人気の観光地です。

日本では、あまり知られていませんが、

NYのセレブがバーションに過ごすバージニア・ビーチは、

フロリダやカリフォルニアのビーチと比べて、

世界中から観光客はあまり来ないので、

コスパも良くて、とってもお勧めです♡♡♡

そんなバージニア州に留学し、
最初の1年間はアメリカ人の家庭にホームステイさせて頂きました。
その家庭は、セレブ地区にあるセレブ家庭でした。

アメリカに来て約3か月が過ぎたころ、

学校が終わり家に戻ると・・・・

広いリビングに近所のおば様達がたくさん集まっていました。

「地区の会合かな?」

と思い、挨拶をして部屋へ・・・・

ホストマザーから、

「由香さんもいらっしゃい!」

とお声をかけて頂き、部屋に荷物を置いて、リビングへ・・・

近所のおば様達と雑談をすること数分・・・

ピンポーン! と玄関のチャイムの音が・・・

リビングに現れたのは、映画の「Men in Black」に出てくるような・・・

黒いサングラスをかけ、
黒のスーツに身を包み、
黒のハードケース鞄を持った、

筋肉マッチョな男性でした!

その男性が、リビングの中央のテーブルにハードケース鞄を置き君臨!

アイドルを見るような眼差しのおば様達・・・・・

そして、その男性がハードケース鞄を開けた瞬間

スライドした2段にわたる鞄の中身が・・・・・・・

何と、何と、何と、、、、、、、、

「大人のおもちゃ」がぎっしり!!!

そうです!!

彼は、アダルトグッズの訪問販売員!!!

私:・・・・・(目が点)・・・・
私の心の声:何じゃこりゃ~

その男性は、

その「大人のおもちゃ」を1つ1つ手に取り、説明し、動かし、

おば様達に渡していく・・・・・

「大人のおもちゃ」が1つ1つ、

おば様からおば様へバトンタッチのように回っていく・・・

キャーキャー騒ぎながら、「大人のおもちゃ」を触り、動かし、吟味するおば様達・・・・・

(「大人のおもちゃ」のサイズは、もちろんアメリカン・サイズ!!)

一通り全商品が全てのおば様達に回ったら、

「私、この商品頂くわ!」
「私は、こちらの商品を購入するわ!」
「私も、同じのが欲しい!」
「私は、こちらとこちらの2つ下さい!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・

Oh my GOD!!!!!!!!!

おば様達が、「大人のおもちゃ」を買いあさっていく・・・・・

そうなんです! 
「大人のおもちゃ」の訪問販売だったんです!!!!

カルチャーショックも度を越えていて・・・・

現実を理解するのに必死だった私に!

ホストマザーの大きな声が!!!

「由香さん、あなたは何が欲しいの!!プレゼントしてあげる!!」

私:えっっっっっっっーーーーーーーーーーーー!!

理解不能状態で顔を赤らめている私を、

「可愛い~~~!」とちゃかす おば様達(笑)

アタフタする私に、半ば強引に、

「初心者の由香さんには、これね!」

とホストマザーが選別して、プレゼントを頂きました!(苦笑)

でもね、でもね!どうよ!!!

いつも学校に行く前に、

「おはようございます!」

と挨拶する隣近所のおば様が持ってる

「大人のおもちゃ」を

私が知ってるなんて~~っ・・・・・・・・・・

現実的に考えれば、考えるほど、おかしいと思えてしまう・・・・・

でも、これが現実・・・・・・

こんな経験をえてから、

ホストマザーと性についていろいろと話すようになったんです。

ホストマザーは、とっても性に関してオープンな感性の持ち主で、
彼女の存在が私の性のイメージを変えてくれました。

ホストマザーの格言

セックスは、マイナスに語ればいくらでもマイナスになるけど、プラスに語ればとても明るく・素晴らしいものになるの

私達が今こうして生きているのは、自分達の両親が愛し合った証、愛の宝として生まれたの

セックスは、愛すること・人との繋がりを知る大人に与えられた唯一の特権なの!
愛すること・人との繋がりを知らない子供がセックスのまねごとをしても、本当のセックスの奥ゆかしさ(醍醐味)は分からないのよ!

それから、私が学校の休みに、友達とNYやLAに旅行に行くときなどは、

「由香さん、NYには、●●●という女性の性を追求する女性のクラブがあるから行ってみなさい!」
「由香さん、LAには、△△△という性を研究する団体があるからそのセミナーを受けてくると面白いわよ!」

と、「性」「セックス」「女性の性」「オーガズム研究」などの

いろいろな組織や団体、クラブなどを紹介してくれてたおかげで、

いろいろと体験、セミナー受講などなどをさせて頂き、

性を学び・深めることが出来ました。

また、アメリカやヨーロッパのセレブ女性の間で定着している

女性セラピストによる女性用性感エステ(性感マッサージ)

も、ホストマザーの勧めで体感し、

心と身体の気持ち良さを体感できるエステの存在を知ることになったのです。

私の性の師匠であり、性の開拓者であるホストマザーには、今でも心から感謝しております!

第2段へつづく・・・・・・

(こちら👇👇応援よろしくお願い致します。ポチっとクリックお願いします)
にほんブログ村  人気ブログランキング

性セラピスト/カウンセラー 髙森由香