月の光

男性って大変

私達女性は、どれくらい男性を理解しているのだろうか?

「男女平等」が叫ばれ定着しつつある今現在でも、

社会全体を見ると、まだまだ男性主義・男性主体で動いていることを多く感じますが、

カップルや家庭という枠組みの社会の中では、

ある意味、女性主義・女性主体で動いていることが多いと思います!

皆さんはどう思いますか?

分かりやすく言うと、結婚されている方でよくありますよね!

「かみさんに頭上がらない」「奥さんの機嫌とらなきゃ!」「最終決定権は、妻にある」などなど・・・

そう、カップルや家庭では、女性が男性よりも立場的に上!ある意味、上司のような・・・

旦那さんの財布事情、大きい買い物の決定権、旅行の行き先・宿泊場所の決定権、家でのいろいろな取り決め、etc

ほとんどが彼女や奥さんに最終決定権があることが多いと思います。

『社会では、まだまだ男尊女卑』でも、『カップルや家庭では、女尊男卑』

でも、ここに大きな問題というか、意味が含まれているんです。

それは、男性の生きずらい社会であること!なんです。

?????何で?????

社会的には、昔は「男性は仕事」「女性は家庭・育児」でした。

しかし、今ではこの構図は少し変わり、

男女共働き・・

「男性も女性も仕事」「男性も女性も家庭・育児」へとシフトしてきています。

でも、今でも、女性によっては、

結婚して家庭に入ったり、
妊娠・出産により家庭に入り、

仕事と疎遠になることがあります。

男性は、結婚しようがしないが、一生仕事!

今も昔も変わりないと思います。

となると・・・・

社会的立場として、仕事をしていく責任がおのずと男性の肩にのしかかります。

その仕事も、自らが会社のトップならまだしも、、、

雇われているのであれば、

会社組織の中での立ち振る舞い・立ち位置、上司と部下の間で揉まれ・・・

(トップでもトップなりの多くの責任とプレッシャーは計り知れませんが)

そこで、彼女が出来ました!となると、

デートに誘う、デートの案を考える、彼女を喜ばそうと頑張る・・・・
セックスも彼女が気持ちよくなってくれるかと必死になって頑張る・・・・

などなど、男女平等と言いながら、

お付き合いの主導権と言うより、

リードして導いていく責任・役割が男性の肩にのしかかります。


(女性がお付き合いの主導権を握ると、「遊んでる」と思われる場合があるので厄介なんですがね・・・・)

そして、結婚!となると、

奥さんとの家庭の世帯主としての責任と役割が肩にのしかかります!

奥さんと子供さんの生活を守らなければいけない、
奥さんと子供を養っていかなければいけない、
奥さんを機嫌をとり、奥さんの愚痴を聞き、奥さんを幸せにしないといけない、
奥さんと一緒に家庭や子育てをしていかなければいけない、

社会での男性主義・男性主体による責任に加え、
彼女や奥さん・家庭の責任が旦那さんの肩にのしかかります。

私は、「自分が女性に生まれて本当に良かった!」って思う時がよくあります。

だって、男性は一生涯仕事しないといけない・・・

と言うような社会的常識がある・・・

女性も、今では一生仕事しないと生活できない環境だけど、、、

本当に仕事をしたくない時は、一時的に休むことだってできる。
結婚してたり、事実婚だったり、同性してたら、相手の理解を得たなら、休むことが出来るし、
1人身だったら、実家に帰って休むことだってできる。

仕事をしない時期があっても社会的に男性のようには責められない。

男性のプレッシャーって、私達女性には、分からないんだろうなぁ~

仕事での責任だけでも凄そうなのに・・・

社会の中で戦う鎧を脱ぎ、本来の自分を取り戻し、リラックスし、ダラダラな状態の自分でいられ
癒される場所であるべき家庭で、、、

彼女や奥さん・家庭の責任は男性の肩に背負わせながら、

常に彼女や奥さんの機嫌をとり、決定権は何もなく女尊男卑の中で肩身の狭い思いをしながら、「ちょこん」と座っている男性をイメージすると・・・・

なんだか・・・・男性が可哀想に思えてくる・・・・・

男性は、女性をなかなか理解してくれない、理解しようとしない・・・と思うことも多いけど、
女性だって、男性の本当の立場や心、プレッシャーや責任感、ストレスを理解しようと思ったことあるのかな?

私は事実婚で、もう7年、愛する旦那と一緒に生活していて、
仕事を頑張り、家庭のことを何でも率先してやってくれて、
私には本当に優しく、愛してくれている旦那が、

疲れ切ってベッドに入り、寝落ちする姿を見る度に、

男性の抱えている責任やプライドは、

私には背負いきれないだろうなぁ~と思います。

このブログを読んでくれた女性の皆さん、

愛する彼氏、愛する旦那さん、愛するお父さんを、改めて、男性として肩にせおってきた責任や役割・プレッシャーに思いをはせて、労ってあげましょうね!愛おしく包んであげましょうね!

態度でも、言葉でも、気持ちだけでも・・・・・

「ありがとう」
「お疲れ様」
「ゆっくり休んでね」
「今日もご苦労様」
「大変だってね」
「たまには愚痴こぼしていいよ」

「愛しているよ」
「大好きだよ」

って!!

性セラピスト/カウンセラー 髙森由香