月の光

満足度が低いセックス

あなたは、愛するパートナーとの『セックスの満足度は高いですか?低いですか?』

月の光を利用される多くの女性のセックスの悩みの中で多いのが、

愛する旦那さんや彼氏との

『セックスの満足度が低い』

ことです。

『セックスの満足度』は、『セックスの回数が多い、少ない』とは違います。

『セックスの満足度』は、『セックスの中身』のこと!

とくに、女性にとっては『セックス中、セックス後の心の幸せ感』ではないでしょうか!

女性は男性と違ってセックスでオーガズムを達することがとても難しいです。

医学的には、
膣内にペニスを挿入し、ペニスのピストン運動でオーガズムに達する(中イキ)出来る女性は、
全世界の女性が一生涯かけて、中イキ出来る人は、

何と、3%もいないと言われています。

(中イキは、とっても難しいことなんです。このことで悩まれている女性も多いです。中イキについては、別のブログに書いていきます)

もちろん、セックスでオーガズムに達したいですが、、、、、

多くの女性がセックスでオーガズム!オーガズム!とは思っていないかもしれません。

女性がセックスに求めているのは、

愛する旦那さん・彼氏と
『愛し合っている』
『愛を確かめ合っている』
『心も体も結ばれる幸せ』
を心いっぱいに感じたいことだと思います。

何度も言いますが、
もちろん、セックスでオーガズムに達することが出来たら、もう最高ですけどね。

彼氏とお付き合いを始めたころ、
もしくは、結婚して新婚ほやほやのころ、
この時期は、ラブラブなころですよね!(3年目ぐらいまでかな)

この、ラブラブなころは、旦那さんや彼氏とのセックスがそんなに気持ちよくなくても、
セックスでオーガズムを体感しなくても問題ありません。

なぜなら、心は愛と幸せで満たされ、愛で溢れているため!

ただ、抱きしめられるだけで、セックスの行為だけで、

心も身体も満たされ、オーガズムを得たかのように、

心が・気持ちが・脳が感じるからです!

でも、5年が経ち、7年が経ち、、、、、

昔のようなラブラブな気持ちは薄れて・無くなって、

愛もワンステップ上の信頼・尊敬・敬意への愛になると、

抱きしめられるだけ、セックスの行為だけでは、心も身体も満たされなくなるんだよね。

そして、心も身体もみたされない旦那さん・彼氏とのセックスに、

『セックスってこんなもの』

と自分に言い聞かせるように、それ以上を求めない、諦めモードに突入していきます。

そうなると、旦那さんとのセックスが、

『めんどくさい』『気持ち良くないからセックスは嫌い』と思うようになり、

自分から旦那さんや彼氏に、セックスを求めなくなり、、

旦那さんからのセックスのお誘いを断るようになり、、、

やがて、セックスレスへ・・・・・

コロナによりテレワークや外出自粛と今までの忙しい生活とは少し変わって、
家で夫婦・カップルが共に過ごす時間が増えたのではないでしょうか?

ある調査によると、この影響で、

ラブラブ感が増した夫婦・カップル、久々にセックスをした熟年カップルが増えたとか、、、、

こんな時だからこそ、『夫婦間・カップルのセックス』も見つめ直す良い機会だと思います。

月の光をご利用下さる多くの女性が、『セックスの満足が低い』とお話しされます。

満足していない理由のほとんどが、

  • セックスでオーガズムを体感したことが無い
  • 中イキしたことが無い
  • 旦那とのセックスが好きじゃない
  • セックスが面倒くさい
  • 性交通がある           etc

でも、皆さん旦那さん・彼氏をちゃんと愛しているんです!

ただ、旦那さん・彼氏とのセックスに満足していないんです!

『愛する旦那さん・彼氏とのセックスの満足度を上げるには、どうしたらよいのか?』

と考える前に、

セックスは2人で創り上げるもの。
2人の感じるセックスを創り上げるもの。

でもね、多くの女性は、セックスの行為自体を全て男性に押し付けているんです!!

男性主導、男性のなすがままのセックス・・・・・

多くの女性は、マグロではないけど・・・・

  • 自分が望む行為を男性に伝えない
  • 自分の感じる性感帯を男性に伝えない
  • どう触って欲しいか、どうして欲しいかを男性に伝えない
  • 気持ちよくなくても、演技をしてしまう
  • オーガズムに達していなくても、オーガズムに達した演技をしてしまう

男性はセックスのプロではないですよね。

多くの男性が、

どうしたら奥さん・彼女を気持ちよくしてあげられるのか?
オーガズムに導けるのか?

と試行錯誤していると思います。

時にはAVで学び、時にはSNSで調べ、時には雑誌で学び・・

奥さんや彼女が、

『どこをどのように、どうして欲しいか』

と伝えくれたらどれだけ男性は楽なことか。

しかも、女性の、特に、日本の女性が厄介なのは、

『ほとんどの女性が、セックス中に気持ち良い振り、オーガズムに達した演技をしていること』

女性が演技してしまうのは、

『愛してる旦那さん・彼氏が一生懸命にセックスで自分を気持ちよくしようとしてくれていることに対して、愛してるからこそ、それに答えてあげようと感じている演技をしてしまう』

でもこれが、後々、マイナスのブーメランとなって自分に返ってくるのです。

旦那さん・彼氏は、

奥さんや彼女を気持ちよくさせようと、
オーガズムへ導こうと
一生懸命に、いろいろと試行錯誤してセックスをします。

その時、奥さんや彼女が、
「気持ちよい振り」「オーガズムに達した演技」
をしたら?????

旦那さん・彼氏は、

それを演技や振りだと分からず・・・・

「よかった!このセックスで感じてくれた。このようなセックスが良いんだ!」

って安堵して、嬉しくて・・・
このようなセックスで大丈夫なんだ・・・

と錯覚してしまい・・・・・
本当は、誤解なのに・・・・

旦那さん・彼氏の頭の中では『このセックスで大丈夫!』と完成してしまいます。

そうしたら、その後は・・・・

同じようなセックスばからりになりますよね!

だって、このセックスで

奥さんや彼女はオーガズムを得られるし、気持ち良いと感じているのだから・・・

もう、2人で気持ち良いセックスを追求することは無くなりますよね!

旦那さん・彼氏の中では、素晴らしいセックスを見つけて、完成してしまっているので・・・・

これが、何年後かに、

ラブラブ感が無くなった奥さんや彼女の悩みになるんです!

そう!
代り映えのしないセックスに・・・・
気持ち良いと感じないセックスに・・・
オーガズムを得られないセックスに・・・
気持ち良くなくても演技しなければいけないセックスに・・・・

もちろん、セックス中の多少の演技は、必要かもしれません!
これも、相手を思いやる気持ちからだから・・・・

でもね!
演技をしながらでも、セックスで何を望んでいるのかをちゃんと女性も男性に伝えていかないといけませんよね!

確かに、女性にとっては、
「言うことが恥ずかしい」
「遊んでいると思われたくない」etc 
とマイナスのイメージが付きまといます。

でも、旦那さん・彼氏なら、

もっともっと自分の欲を伝えても良いのではないでしょうか?

だって、夫婦なんだし、カップルなんだし、、、、

男性は女性と違って、セックス中は女性以上に興奮しています。

勃起していることは、興奮状態にあるということ!

だから、女性がちょっと大胆になっても全然OKです。

甘えながら、自分の望むセックスへ旦那さんを導いてみて下さい。

『今の気持ちよかったから、もう少し同じことして欲しい』
『このままずっと同じところ攻めてくれたら、私イッちゃうかも。少し時間かかるかもしれないけど・・』
『もう少し右側が気持ち良いの!』

って伝えたら、希望通りにしてくれると思いますよ!

何度でも言いますが、セックスは、2人で創り上げていくもの!

2人の心と身体が満足するセックスを創り上げていくものです。

女性は、オーガズムを体感することはとっても難しいです!
オーガズムを得られなくても、
自分の心が愛と幸せをいっぱい感じられるセックスへと、
男性に手を添えて、導いてあげないとね。

旦那さん・彼氏は、決してセックスが下手なんかじゃないんです。

どうしたら、奥さんが、彼女が気持ちよくなれるのかが分からないだけなんです!

今のセックスの満足度が低いのは、
そのようなセックスになる原因の半分は、

奥さん・彼女にもあるのです。

相手に全責任を押し付けるのでは無くて、自らも求めて行かないとね!!

それが、『Make Love』ですよね!

それとね、セックスの前後では、たまには旦那さんに日頃言えない感謝の言葉を添えてね!

男性にとっても、言葉の愛もたまには必要ですよ!

満足度が低いなら、2人で満足度が高いセックスへ創り直せばいいんですよ!

性セラピスト/カウンセラー 髙森由香